秋田県立秋田明徳館高等学校
定時制課程 通信制課程 スペース・イオ 中期ビジョン
緊急連絡
学校案内
 
ようこそ !  秋田明徳館高校へ !

 秋田県立秋田明徳館高等学校のホームページを訪ねてくださいまして、ありがとうございます。
 本校は定時制と通信制を併せ持つ高校で、秋田市の中心市街地にある明徳館ビルの中にあります。ここは秋田県立美術館に隣接していて、すぐそばには秋田市民の憩いの場である千秋公園もあり、大変恵まれた場所に立地しています。
 平成17年、秋田東高等学校、秋田工業高等学校定時制、秋田中央高等学校定時制の3校を統合して開設された本校は、一人ひとりの学びに沿う学習システムを提供し、心豊かに生きる生徒を育成する学校です。昨年度には学校創立10周年の記念式典を挙行し、これまでの歩みを振り返るとともに、これからのさらなる発展を期しているところです。
 本校の校名は、江戸時代の秋田藩の藩校「明徳館」に由来しています。藩校は身分の上下に関係なく、学ぶ意欲のある者が夜遅くまで学問に励んでいました。また、いつまでも、人々の手本となるような人間になれという意味を込めた「萬世師表(ばんせいしひょう)」
という扁額が掲げられていました。まさに、本校創立の理念を象徴しています。
 定時制課程は、T部(午前)・U部(午後)・V部(夜間)の3部制をとっていることや、1年を前期と後期に分けて、それぞれ単位取得ができることが大きな特徴です。また、自分の在籍している部以外の科目も選択して、より多くの単位を取得することができます。定時制は4年間学ぶのが原則ですが、このようなシステムを利用して3年での卒業も可能です。
 通信制課程は、月に2回程度学校で学ぶスクーリング、家庭での学習の成果をまとめたリポート提出、そして定期試験の3つが学習の柱で、生徒はより自主的に自分の学習スタイルを確立することが求められます。
 どちらも、自分の目標をしっかり定め、自分なりの生活リズムやペースと学習計画を調整しながら、真剣に学んでいくことが大切です。生徒は、部活動や生徒会活動にも積極的に参加し、アットホームな雰囲気の中で充実した高校生活にしようとがんばっています。
 また、本校には様々な理由で学校へ通学することが難しい児童生徒に、学びと心の居場所を提供する「スペース・イオ」もあります。ここでは、スペース・イオに通って行う学習、インターネットや通信添削を通じての自宅での学習など、一人ひとりに寄り添った学習支援をして、自立のステップに向けて応援しています。
 本校の生徒指標は「自主自律 心豊かに 朗らかに」。そんな高校生を目指している方、秋田明徳館高校に興味をお持ちの方は、どうぞ学校にご連絡ください。

平成28年4月

秋田明徳館高等学校
第7代校長 佐々木 均
秋田明徳館高等学校

第7代校長 佐々木 均
校歌・校章 教育目標 沿革 その他案内
 学校案内
 入試情報
 進路状況
 説明: 保健・教育相談
 部活・同好会
 学校行事
 生徒会
 
 
 
 
 
 
 
アクセスマップ